【アルコール検知器 取扱開始】アルコールチェックが義務化

2022年10月からの法改正によって、目視による確認に加えて一定数の車を保有する企業で「検知器」を使ったアルコールチェックが義務化されます。
それに伴い、弊社では「アルコール検知器」を8月中旬から取り扱うことに致しました。

重大な事故や法令違反が発生すれば、企業の責任問題が生じたり、被害者やドライバーの人生を大きく変えることになります。
それぞれ、社会的信用を失う前に守るべきものは守る!
飲酒運転防止に努めましょう!

PAGE TOP